暗闇の中の希望 (イザヤ9:1-6)

クリスマスと希望や平和とは、どのような関係があるのでしょうか。いつもの戯言だけ?それとも、もっとあるのでしょうか?

サービス、クリスマスの晩さん会、福音自由教会会衆ライヒリンゲン

, 自動翻訳

はじめに

さて、クリスマスにはいつもこんな期待が...。おいしい料理を期待し、魚でないことを願う人もいる(スケッチ「クリスマスの味はどうだろう」からの移行)。

また、クリスマスには期待や希望も大きな役割を果たします。 私は今夜のプレゼントを期待していますが、それがドローンであることを願っています。

それはちょっとした冗談で、私はすでにドローンを持っています、2年前に貯めたんです。

希望の反対は恐怖である。今夜はプレゼントを期待しているのですが、引き分けになりそうです。

しかし、このようなバカげたことは置いておいて、旧約聖書からクリスマスのテキストを見てみよう(イザヤ9:1-6、NL)。

1 暗闇に住む人々が明るい光を見るためである。そして、死に覆われた地の民の上に明るい光を放ちます。 2 あなたは民を増やし、大きな喜びを与えてくださいます。3 ミディアンの日のように、神はその民を抑圧するくびきと、その首の上の棒と、その運転手のむちを砕かれる。 4 鳴り響く行軍靴と血にまみれた上着はみな焼かれて炎の犠牲になる。 5 子は私たちのために生まれ、子は私たちに与えられたからである。その肩の上には大国が乗っている。その支配は大きく、ダビデの王座とその王国の平和は果てしなく続く。正義と正しさによって、それを永遠に確立し、維持するのです。これこそ、全能の主が長期的に働きかけてくださることなのです。

暗闇の中の人々への希望

新約聖書では、マタイによる福音書4章15節、16節に、イエス・キリストがガリラヤ海の北西、当時ゼブルン族とナフタリ族の土地だったカファルナウムに移ったことが記されている。

つまり、新約聖書の本文に出てくるこの明るい光は、イエスと関係があるということだ。

その前の章、イザヤ書8章では、イスラエルの民が神に背を向けることによって訪れる暗闇の時が描かれていることを知らなければならない。圧倒的な敵への恐怖があり、恐怖と密接に関連するオカルト的な慣習があった。

そして今回、光が発表されました。私はただ闇と恐怖を同一視していただけで、必ずしもそれが当てはまるとは限りません。でも、暗闇の中ではターゲットが見えないし、何が来るかもわからないし、それはかなり脅威で怖いことだと思います。

明るい光は、ゴールと道を示してくれます。

北半球では、クリスマスは暗い季節に当たるので、いつもたくさんのクリスマス・イルミネーションをあちこちで目にします。電気代がまだまだ高いな、と嫌な思いをすることもありますが、暗闇に悩む人が多いので、クリスマスのイルミネーションが役に立っているのだと理解しています。しかもLEDなら、もうそんなに高くないので、この嫌な思いをまた押し殺しています。

イエス・キリストは私たちの希望であり、光です。おそらく何度も聞いたことのあるこの文章を、もう一度心に刻むことができたなら、今年はもう貴重なクリスマスになりますね。

喜び

2節目はもう少し具体的な内容です。

2 あなたは民を増やし、彼らに大きな喜びを与える。彼らは、収穫の時の民のようにあなたを喜び、戦利品を自分たちの間で分ける喜びの民のように。

"multiply the people":人はもはや少数にしか属さず、一人ではないのです。暗闇の中では、他の人が見えないので、人はしばしば孤独を感じます。光はまた、私たちの隣人、同胞の兄弟、同胞の姉妹を示しています。

"神のうちの喜びのような... "です。収穫の時のように、人々が戦利品を分け合うように。

戦利品」というと、海賊行為や窃盗など、どこか犯罪的な響きがあるので、一瞬ひるんでしまいますが、ここは気持ちの問題です。他の人と一緒に宝物を見つけ、それを手に入れることを想像してください。借金を返せるようになり、家族のために何か良いことができるようになり、休日など自分へのご褒美ができるようになるかもしれません。そして、その喜びを、一緒に宝物を見つけた人たちと分かち合い、みんなの分を確保するのです。

妬みもなく、みんな一緒に喜んでいる。

解放と平和

そして、再び闇を取り上げる。

3 ミディアンの日のように、神はその民を抑圧するくびきと、その首の上の棒、その運転手のむちを砕かれる。 4 鳴り響く行軍靴と血にまみれた上着はすべて焼かれて、炎の餌食となるであろう。

まず第一に、解放についてです。イスラエルの北部、少なくとも先に述べたゼブルン族とナフタリ族はアッシリアの支配下にあり、ここで告げられた解放は、その後イザヤ書37章でも実行されたのである。

しかし、私たち個人も、くびきの下で苦しみ、プレッシャーにさらされるかもしれません。イエスによって自由になれるという、いささか平凡な言葉以上のことは、今日の枠組みでは申し上げられないのです。そこに至る道は、常に個人的なものであり、パーソナルなものです。でも、先ほども言ったように、他の兄弟姉妹がいるのですから、一人ではありません。

そして、平和についてです。4番の歌詞の最初の部分、「All booming marching boots」は、いつの時代もほとんどすべての人が理解している言葉であることが、なんだか怖いですね。ここで文化的なことを説明する必要はなく、この発言は完全に時代を超えている。

戦争を回避することはできません。この数十年、世界のどこかで必ず戦争が起きていましたが、今回はそれが間近に迫っているのです。

教会関係者の中には、第一次世界大戦中の1914年のいわゆるクリスマス休戦をモデルとして、ウクライナでも可能ではないか、と言っている人もいる。

ウィキペディアに掲載されている
(https://de.wikipedia.org/wiki/Weihnachtsfrieden_(First_World_War))
とてもエキサイティングで、お勧めできる作品です。このクリスマス休戦は、ベルギー・フランドル地方と近隣のフランス領で、主にドイツ兵とイギリス兵の間で行われた。ある時は、詩篇23篇を英語とドイツ語で読み上げる合同礼拝も行った。

あれはあれで素晴らしいのですが、今日はちょっと見栄を張ってしまいましたね。フランスやベルギーは、戦争が自分たちの土地で行われ、ドイツ占領軍による破壊の影響を直接受けたため、ほとんど関与していない。だから、今日のウクライナ戦争に関するさまざまな議論でも時々あるように、直接影響を受けた人たちを抜きにした話になってしまったのです。

今、この2つの節を政治的に見ると、くびきからの解放と武器の破壊が何らかの形で一緒になっていることに気がつく。だから、抑圧の中の平和は解決になりえないのです。平和と自由な生活は共にあるべきものです。自由」という言葉は、政治家によって奇妙に解釈されることが多いのですが、私の言いたいことは理解していただけたと思います。

子供

肝心なことを言おう。

5 私たちのために子が生まれ、私たちのために子が与えられるのです。その肩の上に君臨している。その支配は大きく、ダビデの王座とその王国の平和は果てしなく続くでしょう。正義と正しさによって、それを永遠に確立し、維持するのです。これこそ、全能の主が長期的に働きかけてくださることなのです。

今、本当にクリスマスっぽいですね。

しかし、プレゼントを運んでくるはずのキリストの子供の話をされると、個人的には腹が立ちます。ファーザー・クリスマスは、歯の妖精の世界に明確に位置づけられますが、キリストの子供は、文化によって、プレゼントを運んでくる巻き毛の赤ん坊の天使として想像され、無力な赤ん坊としてこの世に生まれ、私たちの素晴らしい助言者、強い神、永遠の父、平和の王子となった真のイエス・キリストの見方を本当に歪めてしまうことがあるのです。

この4つの用語について、詳しく見ていきましょう。

そして、平和、法、正義の中に、無限の支配があるという話です。

もちろん、奇妙なローブや頭飾りをつけた数人の人々が物事の行く末を決めるような神権政治ではありません。

この地上における神の国は、私たち個人の中に始まるのです。もし私たちがイエス・キリストに加わり、自分の人生を捧げるなら、彼の平和は私たちの中で成長し、広がっていくのです。これは、彼の正義と、彼の慈悲も含みます。

この文章は、クリスマスにはキッチュすぎるように思えるかもしれません。特に自分の失敗を考えると、そう思います。ここでは意地悪をし、そこでは自分の態度で誰かを傷つけ、別の場所では争いを解決するどころか、むしろ煽ってしまったかもしれません。

しかし、イエス・キリストの平和の国は、私たち個人の中に始まるのです。

そして、本文の最後の文には、少なくとも「新しい生活」という訳語では、本当に「持続可能」という言葉が出てきます。この言葉は最近、機会あるごとに聞かれるようになりましたが、それもそのはず、これまで私たちは多くの分野でサステナビリティを無視する傾向があったからです。

もう一度、その一節を読んでみた。

その支配は偉大であり、ダビデの王座とその王国の平和は果てしなく続くだろう。正義と正しさによって、それを永遠に確立し、維持するのです。これこそ、全能の主が長期的に働きかけてくださることなのです。

これはもちろん永遠を垣間見ることですが、先ほど申し上げたように、私たち個人からここでも始まるのです。

そして、神はあなた個人に対して永続的な関心を持ち、あなたが平安を体験することに永続的なコミットメントをしていると私は信じています。

概要

最後に、もう一度、個々のポイントを簡単に列挙しておきます。