災い、災い:有害な行動

私たちは、パリサイ人とどれだけ共通点があるのでしょうか?こうでなければならないのか?

奉仕 ,,,福音自由教会会衆ライヒリンゲン

, 自動翻訳

はじめに

クリスマスの季節、アドベントが始まりましたが、先週、聖書を読んでいて目に留まったテーマは、この時期にはあまりそぐわないかもしれませんね。

あるいは、そうなのかもしれません。

クリスマスシーズンには、さまざまな親族と会う機会が増え、時には緊張もします。そして、今日の聖書箇所を振り返ることで、少しは緊張感が和らぐ場面もあるのではないでしょうか。この点については、特に問題はないのかもしれませんね。

聖書のテキストはマタイ23章で、イエスがパリサイ人を大量に批判している、いわゆる災いの叫びである。実は、この文章は毒のある行動についてのもので、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

冒頭で毒舌の定義を読み上げたかったのですが、Wikipediaに載っていないんですよね。

有毒という言葉はご存知だと思います。毒」「有害」という意味で、おそらく古代ギリシャ語から来ているのだろう。「tò tóxon "は、ギリシャの戦士が武器として使っていた "弓 "のようなものです。「Toxikòn phármakon "は、戦士が矢じりにつける毒であった。

毒のある行動は、毒矢のようにあなたに襲いかかるからです。

しかし、毒のある行動の最大の問題は、それが通常、相手に見られるということです。今日は、このパリサイ人の有害な行動について、イエスが詳しく述べているので、この悲痛な叫びを一緒に見て行きたいと思います。

行動」という言葉は、もう少し広く理解する必要があります。ここでは、ドイツ語の新しい言葉「マインドセット」、つまり、自分の人生における基本的な考え方や行動の仕方を使うことができます。精神論という言葉もピッタリかもしれません。

やるべきこと

まず、マタイによる福音書23章1-4節から始めます。

1 そこでイエスは群衆と弟子たちに言われた、「律法学者とパリサイ人とは、聖書の解釈者としてモーセの椅子に座っている。 3 だから、彼らの言うことは守りなさい。ただし、彼らの模範に従ってはならない。彼らはあなたがたに教えたとおりに行動しないからです。4 満たされない宗教的な要求であなたを苦しめ、あなたの重荷を軽くするようなことは少しもしない。

"相手の言うことにはこだわるが、相手の言うことには従わない "というのは、かなり露骨な表現だと思うんです。

ここで「水を説いて酒を飲む」ということわざも思い浮かぶかもしれない。

私たちは、自分の行動を判断するよりも、他人を厳しく判断してしまうことが少なくありません。マタイによる福音書7章3節にも、同様の記述があります。

自分の目にはビームがあるのに、なぜ隣の人の目にはモツがあると怒るのですか?

厄介なのは、普段は目に見えないから梁がないと思っていることです。

この有害な行動を変えるのに役立つのは、私たちは少ししか知らないということを認識することです。ルター訳の第1コリント人への手紙13章9節には、「ユーザーの知識は断片的である」と、とても美しく書かれています。

私たちはほとんど何も知らないし、目の中のビームは私たちが知らないことの多さを象徴している。

今度はもっと有害な行動です。"あなたの重荷を軽くするようなことは少しもしないでください"。他の訳では、これらの重荷に指で触れようとも思わないとありますから、これは非常に解釈しやすい訳だと思います。

しかし、有害な行動は明らかです。もうひとつは、絶対にプレッシャーが必要です

政治の世界での例かもしれませんね。市民の所得に関するこの議論に、あなたがついてきているかどうかわからない。CDUは最初から制裁の可能性を重要視していた。政府は6ヶ月の信託期間を希望していたが、今回それが覆された。判決そのものを判断することはできないが、生活保護受給者には原則的に不信感を抱きつつ、自分には給与とは別にかなり高額な一時金を請求する国会議員がいることは、一部で何も証明する必要がないことが注目される。事務機器に12,000ユーロの一時金があり、また毎月4.5千ユーロの一時金があり、国会議員は何の証明もなく使うことができる。他にも手当があり、中には証明が必要なものもありますが、私はこれらの金額は非常に粗雑で、その上、制裁、監視、圧力を要求していると思います。

ですから、人が人に圧力を要求するときは、十分に注意することをお勧めします。

この一節で、もう一つの有害な行動に気がついた。イエス様は「彼らの言うことに従いなさい」とおっしゃいます。

私たちは、たとえ正しいことを言っていても、バカにしたような態度をとる人の言うことは聞かない傾向があります。

そういう人の発言でも、"何事も試してみて、良いものは残す "という姿勢で臨まなければならないと思うのです。

もちろん、それはとても難しいことで、やりたくはないでしょうが、発言を合理的に判断することは、成熟した思考の証です。

ステータスの問題

次の節(5-12節)に進みましょう。

5 彼らの行うことはすべて、外見上だけである。腕には特大の祈祷用ストラップをつけ、ローブには特大のフリンジを付けている。6 また、宴会の席では、いかにテーブルの上座に座り、会堂では、最もよい席に座ることを好むか。7 街中で注目されるのが楽しいのでしょう。特に「ラビ」と呼ばれることを好む。 8 誰にも「ラビ」と呼ばせてはいけない。主人は一人で、みんな兄弟姉妹のように平等です。9 また、この地上ではだれをも『お父さん』と呼んではいけません。天の神だけが、あなたがたの霊のお父さんなのです。10 また、だれかにあなたがたを『先生』と呼ばせてはならない。なぜなら、先生はただ一人であり、その人はキリストだからである。11 あなたがたの中で最も偉い人は、他の人に仕えなければなりません。12 しかし、自分を人の上に置く者はへりくだり、へりくだる者は高くされるのです。

あらゆる行動の原動力となる賞賛や評価は、確かに有害です。

評価や拍手をもらうのはいいのですが、それが行動の中心的な動機になってしまうと、まずいことになります。そして、より重要なものをそれに従属させるのです。拍手喝采を浴び続けるために、人が聞きたいことを言い始めるかもしれないし、人前で最前線に立ち続けるために、策を練り始めるかもしれません。

合理的に考えれば、そのような行動が不健全であることは誰の目にも明らかだと思うのです。

しかし、もう少し広く考えてみましょう。で始まる。

"やることなすこと、外面だけ"

人にどう思われるか!」という言葉が頭をよぎりました。それは、拍手や評価だけではありません。

あなたは、「人にどう思われるか!」この一文に、人生の中でどれだけのスペースを与えていますか?どの時点で有害となるのでしょうか?

よく聞くのは、自由教会の人たちがセクトと間違われることを恐れているということです。だからこそ、あらゆるエキュメニカルな活動に参加することが非常に重要なのです。"みんなはどう思う!?"

ですから、エキュメニカルな活動に意義があると思えば、もちろん参加してもいいのです。

例えば、ある社会的な問題に立ち向かうというのは、どのようなことなのでしょうか。例えば、中絶?もちろん、助けがあることは大切ですし、母体の命が危ないなどの特別なケースもありますが、最初から人間。中絶は間違っている。"でも、みんなはどう思うだろう!"

もちろん、人を貶めるということではなく、音色が音楽を作り、言葉は親しみやすく、中身は権威的ですが、"人がどう思うのか!?"という疑問は残ります。どのような場合に有害となるのでしょうか?


認識を改めましょう。誰もあなたの師匠、お父さん、先生と呼んではいけません。それはもちろん、ちょっと不思議な感じのする文章です。もちろん、私が弟子なら師匠を師匠と呼びますし、父も父と呼びますし、学生時代には今でも先生と呼べるような人たちとの付き合いもありました。

この文章を誰が最後の一文字まで訳しているのかわからない。以前、エホバの証人の知り合いで、幼い息子にファーストネームで呼ばれる人がいました。しかし、この聖書の一節と関係があるのかどうかは聞かず、ただ思い込んでいた。

子供たちも私のことをパパと呼ぶので、今では悪い気はしません。

ファリサイ派の人々が理解し、生きた支配と優越の文脈でこれらの用語が使われることについてだと思うのです。11節には、彼らの中で最も偉大な者が他の者に仕えなければならないとあります。

イエスはここでその観点を紹介している。何が他を利するのか?究極的には、奉仕するということは、相手のためになることをすることです。

そして、何が相手のためになるのか、この視点がなければ、支配や優越は有害なものとなってしまうのです。場合によっては、何が相手のメリットになるのかが一致しないこともあり、もちろんそれは難しいことです。

もう一つの意見

次の節(13-15節)に進みましょう。

13-14 あなたたち律法学者やファリサイ派の人々は、大いに苦しむことになる。この偽善者どもめ!他人を天の国に入れないと、自分も入れられないからです。15 そう、あなたたち律法学者やパリサイ人には、悪いことが起こるでしょう。陸と海を越えて改心させ、自分たちの二倍も悪い地獄の子にしてしまう。

ここではっきりわかるように、イエス・キリストは怒ることもあったのです。彼は、人々の向かいに立ち、彼らの行動が引き起こすものを生で目撃したのです。

今は直接目の前に人がいないので、もう少し無感動に見ていたい。

福音は、はじめから迷惑な存在だったのです。すべてを正しく行う必要はありません。自分の罪の意識を神の前に持ってきて、イエス・キリストによって罪の意識を持ち、自由になったことを自分の前に受け入れることができます。

もちろん、「やるべきこと」と「やってはいけないこと」をきっちり決めたい人にとっては、迷惑な話である。

多くの規則を守っている人が、少ない規則で自由に生きている人に対して怒るのは、毒のある行動と言えます。

誤解を恐れずに言えば、ルールは基本的に良いものだと思います。しかし、あなた自身が賢明で役に立つと思うルールを守る必要があります。

自分がこだわるから相手もこだわるというのでは、すぐにこの路線になってしまいます。これは、ある種のルールへの妬みを生み、それは間違いなく有害なものです。

さらに、この文章は、誰が真実とは何かを決定するのかということでもある。そして、この真実を他者が必ずしも遠慮なく受け入れるべきであるということでもある。

私たちクリスチャンは、使徒信条に合理的に要約されている福音という一つの真理を持っていると、私は確信しています。個人的には、やはり聖書の中にある真理が恋しくなりますが、それ以外は、すべてのキリスト教徒が同意できる真理だと思いますし、そうあるべきだと思います。

どのように実践するか、どのようなルールが日常生活に適しているか、どのように信仰を実践するか、などです。これは、私たちが限られた認識と限られた知識で、格闘しなければならないことなのです。私たちは不完全なまま道を歩み、しばしば誤り、聖書を誤解することもありますが、イエス・キリストを信頼しています。

傲慢になり、自分はいつもすべてのことを正確に知っていると思うと、それもまた毒になるのです。

きゅうそごうびょう

次の節(16-22節)に移ろう。

16 盲目の指導者たちよ。悪いことが起きるぞ!あなたは、『神の神殿によって』誓うことには意味がない、そのような誓いは静かに破られるものだと主張します。そして同じ口で、『神殿の黄金によって』誓うなら、それを守らなければならないと主張するのです。17 この頑固な愚か者たちよ。金と神殿、どちらが大切か。金によって聖なるものになるのです。18 あなたがたは、『祭壇による』誓いは破ることができると言うが、『祭壇の上の供え物による』誓いは拘束力がある!」。19 あなたは盲目です!祭壇の上の供え物と、供え物を聖なるものにする祭壇と、どちらが大切なのでしょうか。20 もしあなたが『祭壇によって』誓うなら、祭壇とその上にあるすべてのものによって誓うことになる。21 もしあなたがたが神殿に誓うなら、あなたは神殿と、神殿に住む神とに誓うことになる。22 また、もしあなたが天に誓うなら、神の玉座と、その玉座に座っておられる神ご自身に誓うことになるのです。

ここでは詳しく述べないが、一つの基本的なルールが明らかになる。

自分が真実を知っていると思えば、いずれは愚かなことを言うようになる。

今、このセクションはこれで十分でしょう。

何が必要なのか?

V. 23.24

23 あなたたち律法学者やパリサイ人には、悪いことが起こるだろう。この偽善者どもめ!あなたは収入のわずかな部分でも什分の一にするよう気をつけていますが、正義やあわれみ、信仰といった律法の本当に大切なものには関心がないのです。確かに什器は必要ですが、それよりももっと大切なことをおろそかにしてはいけません。24 あなた方盲目の指導者たちよ。蚊を誤って飲み込まないように水を濾すと、ラクダを飲み込んでしまった!?

それは、何が本質で何が本質でないのか、というエキサイティングな問いかけです。

例えばパリサイ人は、食事にパセリのような香辛料を取るとき、その十分の一を神殿に持ち込んでいた。あれは莫大な経費がかかるし、パセリを数粒持ってくるだけで誰が得をするんだ。

正義と慈悲と信仰、それが大切なのです。それを省いてしまうと、実はすべての行動が毒になるのです。什器はもちろんいいのですが、このような正しい姿勢のない小心者は、いずれにせよ有害です。

内側と外側

V. 25-28

25 あなたたち律法学者やパリサイ人には、悪いことが起こるでしょう。この偽善者どもめ!しかし、その内側は、悪意と不摂生に満ちているのです。26 この盲目のパリサイ人たちよ。まず、コップの内側を洗えば、外側はひとりでにきれいになります。27 あなたたち律法学者やファリサイ派の人たちは、ひどい目に遭うでしょう。この偽善者どもめ!あなた方は白く塗られた墓のようなもので、外見はきれいに整頓されているが、中は骨と土でいっぱいだ。28 あなたがたは、自分を正しい人のように装っているが、その心は偽善と律法に対する侮蔑に満ちている。

ここで問題なのは、明らかに自省の念がないことです。自分は優秀だから問題はない、そう思っていたのだろう。しかし、イエスはもっと深いところに目を向け、ここで現実を明らかにする。

あなたは時々、自分の態度や行動を振り返り、間違いを神に伝え、変わる準備をしなければなりません。そうでなければ、あなたの人生に有害な行動をもたらす別の原因がここにあることになります。

まあ、私は決して...

では、今日考える最後の箇所(29-31節)に移りましょう。

29 あなたたち律法学者やパリサイ人には、悪いことが起こるでしょう。この偽善者どもめ!あなた方は、先祖に殺された預言者の墓を建て、先祖に殺された神や正義の人々の墓を飾っている。30 そして、『彼らが預言者を殺害したとき、私たちは決して参加しなかっただろう』と堂々と主張するのだ。31 こうして、あなた方自身が、預言者殺しの子孫であることを確認するのだ。

"まあ、私なら絶対に... "というのは、毒のある考え方です。独裁国家で人々の行動を厳しく判断するのも似たようなものです。遠くから見れば、誰もがレジスタンスの戦士だと思う。

私たちは、自分の弱さ、脆弱性、誘惑の多さを自覚しよう。私たちは、イエス・キリストとともに日々の生活に対処し、困難な状況を乗り越え、いつでも相談できる相手が必要なのです。

概要

最後に、もう一度、個々のポイントを簡単に列挙しておきます。