信仰の成果

実際に何が出てくるのでしょうか?

奉仕 ,,,福音自由教会会衆ライヒリンゲン

, 自動翻訳

はじめに

2週間前、私たちは街のフェスティバルで教会の礼拝を行ったのですが、珍しい賛辞をいただきました。

ブリュッカーフェルトに出店していた知人が、後で妻に「ここの出店の人たちは、教会の礼拝だと気づかない人が多かった」と話していました。というソニアの問いかけに、その友人は「そうとも言える」と答えた。

コンサートか何かと勘違いしていたのでしょう。音楽は陽気で、普段の礼拝のやり方とは違うようで、楽しませてくれました。

そのため、私たちのサービスはかなり好評だったようで、ステージ前の椅子に座る人よりも、聴いている人の方が多かったようです。

しかし、私たちのサービスは「良かった」のか、どう判断すればいいのか。

すべての会議の目的

第一コリント人への手紙14章26節、NGÜから、礼拝について語られていることを読みます。

兄弟姉妹の皆さん、このような会議の結果はどうなるのでしょうか?歌や教え、神が啓示したメッセージ、あるいは神から与えられた言葉による祈りやその理解しやすい言葉での表現など、誰もが自由に何かを提供することができます。しかし、すべての人が自分の信仰のために利益を得ることができるように配慮する必要があります。

この箇所の前の文章は、異言や預言についてもっと詳しく考察したもので、ちょうどこの節につながります。 そして、この節の文がすべての集まりに当てはまるのであれば、特に礼拝に当てはまるのではないでしょうか。

"すべての人がその信仰のために利得を得ることができるようになることである"

他の訳では、「教化」のためと書かれていますが、それは古語で同じことです。

礼拝に立ち会った都市祭りの人たちは、信仰にご利益があったのか、それとも信仰についてまだ何も知らないのか。信仰が身近になったのでしょうか。

それは非常に難しい質問ですね。しかし、人は知りたくなるものです。

企業では、成功の測定に多くの関心が払われます。自分たちがやっていることは、望ましい結果を生んでいるのだろうか?それを測定して、より効率的に仕事ができるようにしたいと考えるのが人情です。原理的には何も問題はない。

地域社会ではむしろ難しい。ここでも、効率という考え方は根本的に間違ってはいないのです。自分のすることに費用がかかっているのだから、無駄な労力であってはいけないのです。しかし、例えば説教の後、来場者の信仰の高さをどうやって計るのでしょうか。

DIYショップのように、出口にボタンバーがあって、悪いものから良いものまで、確か5つのボタンがあり、悲しいものから嬉しいものまで、スマイリーで表現されている、というようなことができるかもしれませんね。この出口のところにそういうものを置いて、外に出るときに一回ボタンを押せばいいんです。そして、伝道師は、今日は私ですが、みんなが押したときに、その結果を知ることになるのです。それは確かにエキサイティングなことです。

冗談で、こういうボタンバーをネットで探したことがあるのですが、何も見つかりませんでした。ボタンバーという表現は正しくないかもしれません。

もちろん、このような評価棒は諸刃の剣である。一方では、あまり深く考えず、自然発生的な感覚に従って何となく打つということもよくあります。非常に多くの人が参加してこそ、まだ意味のある結果が得られるのです。

逆に、なぜ今日は信仰の利得がそれほど高くなかったのか、的確なフィードバックは得られないのでしょうか。また、向上心を持ち、学びたいという気持ちもあるはずです。そしてそれは、自分が準備した素晴らしい思いに対して、時には他人が大したことをできないことに気づかなければならないことも意味しています。

ここにいる誰もが、そんな評価バーを持ちたいとは思っていないと思います。それはあまりに非人間的で、しかもなぜか無慈悲なものです。

そして、効率性を重視するあまり、神もまた個々に働かれることを忘れてはなりません。もし、ある説教が、礼拝に出席しているほとんどすべての人に訴えかけるものではなく、一人の人の人生を変えるような助けになるのであれば、その説教には結局のところ目的があったのだろう。

もちろん、反対側から落馬することもできますし、説教師として「へえー」という顔ばかり見つめていることに気づいたら、「それはとても助かる」と自分に言い聞かせてください。

今回の説教では、私たちが行うことの結果について引き続き見ていきたいと思いますが、挿入句として一つ強調しておきたいことがあります。

詩篇127:1; NLで非常に印象的である。

主が家を建てなければ、建てる者の仕事はむだである。もし主が町を守らないなら、衛兵で囲んでも無駄です。

結果、効率、方法論など、あらゆる意味での考察において、常に主、イエス・キリストが働かなければならないというこの大地に立ち続けなければならない。神を信頼し、神に耳を傾けなければ、どんなに優れた考察も意味をなさない。

これは決して忘れてはならないことです。

参加型教会

先ほどの聖句(第1コリント人への手紙14章26節、NGÜ)に戻ろう。

兄弟姉妹の皆さん、このことは皆さんの集まりに何を示唆しているのでしょうか?歌や教え、神が啓示したメッセージ、あるいは神から与えられた言葉による祈りやその理解しやすい言葉での表現など、誰もが自由に何かを提供することができます。しかし、すべての人が自分の信仰のために利益を得ることができるように配慮する必要があります。
誰でも自由に投稿することができます。他の訳では、もう少し権威ある言い方をしています。

"一緒になれば、誰もが貢献できることがある"。

ラジオのマイクを持って列を歩くことはないのでご安心ください。

この文章には、イエス様を信じる人は皆、何かを持っているという自明なことが書かれています。誰もが大切な存在です。誰もがスピーチをしなければならないわけではありません。人前で話すことにとても抵抗がある人がいますが、それも理解できます。また、イエス様と一緒に体験したことの中には、とても個人的なことで、保護された環境でのみ共有したいこともあるでしょう。それも明らかです。

しかし、ここに挙げた例では、歌、教え、預言的なメッセージ、翻訳を伴う言語によるスピーチなど、ある種のバラエティに富んでおり、いずれも他の人々の信仰に役立つことを目的としている。

このリストは完全ではないと思います。寸劇でもいいし、ダンスでもいいし、詩でもいいし、絵でもいいし、体験でもいいし、簡単な証言でもいいし、考えてみればもっと思いつくかもしれませんね。誰かがあるテーマに感動して考え、それを説教者の一人に伝え、その説教者がみんなのために説教で詳しく説明するのかもしれません。誰もがスピーチをしなければならないわけではないし、誰もが嫌なら前に立たなければならないわけでもない。

おそらく、ある聖書の文章が理解できず、他の文章と矛盾していたり、自分の人生のために認識していることと矛盾していると感じる人がいるのでしょう。そして、私たちの知識は断片的なものでしかないため、聖書をすべて網羅的に理解しているわけではなく、分類できないテキストが必ず出てきます。これをお互いに分かち合いましょう。もしかしたら、私たちは一緒に説明を見つけるかもしれませんし、ただテキストとの衝突を共有し、このすべてが永遠にイエスにおいて答えられることを楽しみにするのかもしれません。

しかし、これは特に重要なことですが、常に全員が自分の信仰のために得をすることであるべきです。それが動機に違いない。完璧である必要はないが、態度は正しくなければならない。理想は、お互いが好きで交わりを楽しみ、そのためだけに相手に信仰のための得をさせることです。

ですから、自分が投稿するときも、相手がどう感じるかは別にして、ただ自分のことをぶちまけるのではなく、聞き手の立場になって考えてみるのもいいかもしれませんね。

さらに、この節の後に、預言的な話し方についての短いパラグラフがあり、ここにもかなり適合しています(1コリント14:30-32; NGÜ)。

30 また、だれかが預言的なメッセージを述べているときに、そばで聞いている人に神から何かが啓示されたなら、話している人は、その人に発言させるために、自分の投稿を終えるべきです。 31 このようにして、何人かが同時に話すことなく、各自が預言的メッセージを伝える機会を得て、皆が何かを学び、皆が励まされます。 32 なにしろ預言者は、預言的メッセージを受けると、話さなければならない義務はないのですからね。
私には「手短に!」としか思えません。長時間の長台詞は、あちこちで疲れるという経験があります。それは信仰のための利得を減少させることになりかねません。しかし、この参加型会衆を今、どのように実践していけばいいのでしょうか。まだ答えは出ていませんが、「今週中に何かを経験しないと貢献できない!」というようなプレッシャーのないものでなければなりません。

それを祈りの中で動かし、何よりも私たち一人ひとりが、イエス様を通して、誰かの信仰に役立つものを与えられることを、一緒に受け止めてください。誰もが大切な存在です。

種まきと刈り取り

私たちは、その結果に寄り添います。

どうすれば、受け継がれるものができるのか?

イエス様とともに生きるとき、私たちは自然にイエス様の人生の学校を通ることになるのです。祈りと聖書を読むことを通して、私たちは彼から学び、自分の経験を共有し、それを伝えることができるのです。

あるいは何かに取り組んだりします。自分にとって大切なことだから、自分にとって役立つ歌を学び、考えを練り、教会で活動する。 そして、そこから何かが生まれるのです。

種まきと刈り取りのようなものですね。

実は植物は自分で育つのですが、種を植えてスタートラインに立ち、肥料をやったり、土をほぐしたり、必要なことは何でもやって成長を促します。

しかし、自分のクリスチャンライフを結果だけで見ることはできない。私たちは、何かを学ぶために聖書を読んだり、何かを得るために祈ったりするのではなく、イエス・キリストとの交わりを持ちたいと願っているのです。

イエスへの信仰は、結果としての宗教ではなく、神との個人的な関係である。

説教の中で「結果」の問題を引き続き扱いたいとは思っていますが、それはイエスとの関係、イエスから罪の赦しを得て、それによって神との平和を得た場合にのみ意味があることなのです。

しかし、あなたが他の人のために祈り、おそらく何かを共有し、何かを伝え、何らかの形で教会で働く場合、種蒔きと刈り取りの原則はすでに適合しているように思われます。

そして、種まきと刈り取りについて考えるとき、私はいつも詩篇126:5,6; NLを思い浮かべます。

5 涙をもって蒔く者は、喜びをもって刈り取る。6 彼らは泣いて種をまき、刈り取って喜んで帰ってくる。

この詩がいつも頭に浮かぶということは、深い意味は全くない。30年以上前にシャイデウェグプロジェクトの合唱団で歌ったことがあるのですが、そこにまさにこの2節を音楽化した曲があり、とても気に入っていました。

しかし、種をまくということは、必ずしも痛みや苦しみと結びついていないと収穫はないのでしょうか。かつては、楽しいことはすべて禁じられ、本当に嫌なことだけが主からのもので、純粋さに磨きをかけるという意見も、私たちの界隈にはあったのです。

この詩篇は、追放されたイスラエルの帰還を描いたもので、涙は追放を、喜びは帰還を連想させますね。

でも、とにかく考えてみよう。収穫を喜ぶには、種まきがどれだけ苦痛なものでなければならないか。それとも、種まきも楽しいのでしょうか?

楽しさとは、そんな諸刃の刃のようなものなのです。自分のやりたいことだけをやっていたら、人生も、あらゆる人間関係も、コミュニティも破綻してしまう。それから、確定申告をしない、料理をした後にキッチンを掃除しない、子供の先生と会話をしない、などです。楽しくないことでも、とりあえずやってみるというのは、十分考えられると思います。純粋に楽しい社会は恐ろしいし、失敗するに決まっている。

でも、自分に合った才能があれば、楽しく活動できることも多いと思うんです。

という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

楽しいと思える仕事を見つければ、一生働かなくて
いいのです。

もちろん、それは極端に単純化したものですが、そこには真実があるのです。

もし、仕事の負担についていつも文句を言っている人がいたら、その人は仕事を間違えているのかもしれないと思います。もちろん、それは社会で働く上でも同じことです。そして、その時の仕事の成果はあまり良くないとも思っています。

先ほども言いましたが、純粋に楽しい文化を語りたいわけではないんです。必要であれば、あちこちにある嫌な仕事を引き受けるのも、大人というものです。しかし、日常が不愉快なことばかりだとしたら、何かが腐っている。

そうすれば、個々の人が、自分にとって適切な仕事を見つけることができ、その仕事を楽しむことができ、その仕事から何かを得ることができるのです。

楽しむべき仕事というような格言は他にもあります。

以前、キリスト教の文脈でこんな言葉を聞いたことがあります。

心をこ

めて神と隣人を愛し、自分のやりたい
ことをやりなさい。

もちろん、それも少し簡略化したものですが、そこには深い真実があります。もし私たちの態度が本当に心から神と隣人を愛することによって形作られているならば、私たちの意志も正しいことを望むようになるでしょう。明日からこう生きよう」と意識的に決心するよりも、自然に与えられたもの、あるいは発展途上という意味で、そのような態度になるのです。

ここにも「種まき」と「刈り取り」がある。種とは、始まりやイエス・キリストとの新しい出会いによって得られる新しい態度のことであり、収穫とは私たちの意志、思考、行いのことです。

概要

私は次のような結論に達しました。